【完全ガイド】住民票とは

住民票とはその人が日本でどこに住んでいるのかを確認するための書類です。

また、個人の情報が記載されているのでその人の基本情報と住所の紐づけをするために

公的機関が管理するものです。

住民票は主に以下のような場面で提出を求められることが多いです。

  • 通帳などを作る時に本人確認書類を求められた時
  • 免許証を作る時
  • 携帯電話の契約をする時
  • 企業に就職した時

住民票を取るには?

住民票を取る前にしなければならないのが転入届です。

転入届とは自分が住む町に公的にこれから住みますと届け出を出すことです。

転入届はお近くの市区町村に在留カードを持参すれば出すことが出来ます。

届け出は3カ月以上日本に滞在される方が入国後14日以内に提出されなければなりません。

転入届を出せば即日住民票の発行が可能です。

 

アドバイス

住所を証明するための書類として提出を求められる住民票は発行から3カ月以内など

期限を設けられていることがほとんどです。

日本に入国して住民票を取得したら3カ月以内に住民票が必要だと思われる契約などは済ましてしまった方がよいでしょう。

 

日本入学でご質問があればお気軽に下のフォームからお問い合わせください。

    どうやって私たちを知りましたか?
    Google検索FacebookTwitterInstagramFriend

    関連記事

    1. 【2018年版】在留カード

    2. 【外国人留学生】日本の滞在先タイプ4つとコスト比較

    3. 【完全網羅】日本留学、入学までの流れ

    4. 【完全保存版】日本の携帯電話業界

    5. 【留学生必読】日本の銀行業界と口座の必要性

    6. 【1分でわかる】国民健康保険とは

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。